HOME 製品一覧 高湿度冷蔵庫(設置タイプ・コンテナタイプ・ショーケースタイプ)
高湿度冷蔵庫

高湿度冷蔵庫(設置タイプ・コンテナタイプ・ショーケースタイプ)

HIGH HUMIDITY COLD STORAGE(STATIONARY TYPE, CONTAINER TYPE, SHOWCASE TYPE)
HIGH HUMIDITY COLD STORAGE(STATIONARY TYPE, CONTAINER TYPE, SHOWCASE TYPE)

FEATURES

業界初、氷点下(-0.5℃)で高湿度(90%以上)。
ミスト噴霧しない保湿、旬のおいしさそのままにフルーツの長期保管・長距離輸送が可能です。

対象商品

  • ●シャインマスカット

  • ●ミカン

  • ●桃

  • ●イチゴ

  • FEATURE
  • HYGIENE
  • OPERABILITY
  • DATA MANEGEMENT
FEATURE

加湿ではなく保湿で、高湿度空間を実現

ミストを噴霧しない保湿設計と、低風速の冷気循環の併用で、エネルギー効率をアップ。結露せず、デフロストも不要な、氷点以下での高湿度空間を実現しました。湿度の安定性が高く、生鮮品が干からびません。

  • 断面図

故障しにくく、メンテナンスが容易

従来型冷蔵庫+循環ポンプのシンプル構成で、故障が起こりにくい。メンテナンスも容易です。

庫内の無菌状態が持続

菌のフィルタリングにより、無菌状態が持続する庫内はいつも衛生的です。

デリケートなフルーツも旬のおいしさそのまま。

これまで海外への輸出ができなかったデリケートなフルーツの輸出が可能に。旬に関係なく、一年を通して安定出荷が可能です。

使用例

設置タイプ

・出荷前のフルーツの管理に。
・生産計画による農作物の管理に。
・最大100坪まで対応可能。

コンテナタイプ

・船便・陸送のフルーツ輸送に。
・移動式のコンテナ冷蔵庫として。
・最大20フィートまで対応可能。

貯蔵経過の一例

シャインマスカットの場合(5週間経過)

  • 一般冷蔵庫
  • 高湿度冷蔵庫

ミカンの場合(3ヶ月経過)

  • 一般冷蔵庫
  • 高湿度冷蔵庫

桃の場合(1ヶ月経過)

  • 一般冷蔵庫
  • 高湿度冷蔵庫

イチゴの場合(1ヶ月経過)

  • 一般冷蔵庫
  • 高湿度冷蔵庫
HYGIENE

安心・安全な商品のために最適な衛生管理

装置内部を洗浄しやすくする等、衛生環境の向上を考慮した工夫がなされています。CIP洗浄はもちろんのこと、蒸気殺菌をすることにより、未包装商品の安心・安全を確立します。

CIP洗浄

洗浄工程
あらかじめ洗浄工程を入力しておくので、「洗浄モード」を押すだけでCIP洗浄を行います。工程はタッチパネルで変更も可能です。 (パスワードで管理)
CIP用洗剤
弊社オリジナル洗浄・殺菌を兼ね備えたFTフォームサニティアを使用。(下記参照)内部の腐食も防ぎます。
排水
数ヶ所設置し、排水管それぞれに防虫対策として水封設備を施し、集中配管で指定場所まで配管します。 

蒸気殺菌

洗浄工程
CIP洗浄と同様に、予め工程を入力しておき、タッチパネルで操作するだけです。
85℃30分(MAX)保持可能にし、保持状態は下記のように常時記録及びプリントアウト可能。蒸気は、出入口開口部から漏れないように工夫しています。
クールダウン
蒸気殺菌後の速やかなクールダウンをする為、排気と給気を行います。
(中・高性能フィルターによる清浄給気を行います。)

洗浄用の各種オプションも
揃えています

キャプテンハンドフォーマー(小型軽量泡洗浄器)

水道ホースにつなぐだけで最適な泡を噴霧します。電源もエアーも必要ありません。目の届かない箇所への洗浄にも簡単にご使用いただけます。

FTフォームサニティア(フリーザーCIP対応洗剤)

弊社オリジナル商品です。
フリーザーやコンベアラインをターゲットに開発しました。軽金属の腐食防止機能をアップしたので、熱交換器にもご使用いただけます。除菌効果もあり、さらなる衛生管理が可能となります。

OPERABILITY

すべてのデータをお手元に

操作はすべてタッチパネルで行うことが可能です。専門知識がなくても、直感的な操作感で、どなたでもすぐにデータにアクセスが可能です。

  • メイン画面

  • 機器系統画面

  • 手動操作画面

  • トレンド画面

DATA MANEGEMENT

温度、操作、運転、警報等の履歴が管理できます

各製品の温度や操作・運転状況、警報等の履歴情報を収集。個別にトレーサビリティ(追跡・記録)の管理ができます。

  • 1 温度管理
  • 2 操作管理
  • 3 運転管理
  • 4 警報管理