食品工場の品質、衛生、生産効率向上を目的としたエンジニアリング及びプランニング

フードテクノエンジニアリング株式会社

採用情報

Message from 未来へのチカラ

失敗を恐れるな、次に活かせ!
若くても新しいことに参加できる。挑戦的社風の醍醐味です。

挑戦とその壁がすべての糧になる。そして、やりがいに。

日々の挑戦も4年目になりました。お客様に怒られたり、喜んでいただいたり、高かったり、低かったり、壁にぶち当たっては越えていく毎日です。この会社は新しいことをやりたい、枠にはまりたくない人にはピッタリだと思います。その分、自分にかかる責任も大きいですが、やりがいも大きい。わからない中で、様々なことに対処しながら、答を自分で見出し進んでいく。言ってみれば、現場挑戦主義ですね。だからこそ、自分の成長もいち早く実感できる。会社はその頑張りを、最大限バックアップしてくれます。言葉にするほど簡単ではありませんが、挑戦を糧にできる会社です。

 

お客様の反応、社長との対話、自分の成長度が明確に測れます。

入社2年目に初めて担当したプラントでは、納入したフリーザーについてお客様に上手く説明ができませんでした。他の担当を呼べ!と怒られましたが、”失敗は次に活かす”がウチの基本。今ではその失敗も糧にできている実感があります。別の現場では、機器の試運転に1週間かけた立ち合いの後、お客様が本当に喜んでくださったのが伝わってきてちょっと熱くなったりと、嬉しい糧も。工夫について、知識について、目指すことについて等々、設計者としての心得を先輩エンジニアとして語る社長にも、最近ではやっと自分の思いをぶつけることができるようになりました。これも自分の成長の秤になっています。

 

期待できる会社であること。働く場として選んだ理由です。

新しいことへの期待感。機械工学科にいた苫小牧高専で会社の説明を聞いた際、それをすごく感じたことが入社動機になりました。入社後もその期待感はずっと変わらないですね。フードテクノエンジニアリングの強みは、お客様の要望に応える力。いろんな角度から、より良いもののために、いろんな提案で応えられること。若い人たちを中心にどんどん前へ進んでいけること。楽しみにしています。

 

『いろんなこと、新しいことを楽しみたいかどうか。すべては自分次第です。』


yamadaIMG_3353

山田 亮佑

技術本部 プラント設計部 〈2017年入社/機械工学科卒〉