社員インタビュー中野さん
社員インタビュー中野さん
現場ではとにかく「当たって砕けろ!」
服飾関係の短大を卒業後、百貨店内でアパレルの仕事をしていました。ところが震災で職場がなくなり、実家の建築業を手伝うことに。その流れで、ゼネコンの現場監督を経験してからフードテクノエンジニアリングに入社しました。社内では極めて異例な経歴かもしれません。
そのため建築現場には馴染みがあったのですが、食品工場の施工管理となるとまた勝手が違い、わからないことばかり。現場では数少ない女性であるというプレッシャーとも闘う中、お客様や施工業者さんに実力を試されます。社風でもある「当たって砕けろ!」を日々のモットーにしながら、関わる人たちと少しずつ信頼関係を築いていきました。
新しいことに挑戦し、個性を大切にする会社
私は建築現場を経験しているので、法規、構造、施工手順などに詳しいという強みは持っています。ただ、実際の現場では初めて経験することもいっぱい。たとえば以前、プラントの敷地内に井戸を掘るという工事がありました。社内でも初めてのことで、ノウハウは誰も知りませんから聞ける人もいません。当たって砕いてカタチにするしかない、これも現場主義です。
新しいことに挑戦すれば、それは経験として自分のスキルに積み重なり、自分自身の可能性も広がります。試行錯誤することで、自分なりのやり方が見つかったりもします。正解は決して一つじゃない。
これは、私が若い人を教える時にいつも言うことでもあります。やり方を決めつけない、その人の個性をつぶさない、それこそがフードテクノエンジニアリングらしさ。年齢や性別に関係なく、新しい挑戦をいつでも応援してくれる会社です。
社員インタビュー中野さん 社員インタビュー中野さん
クリエイティブ志向の人には最適
今では現場が終わるたび、大切な何かを少しずつ持って帰れたような気がしています。まだまだ男社会の現場仕事でも、当社では誰でも新しいことに挑戦できるし、否定されることもありません。それが会社の文化としてしっかりと根づいています。自分が思い描いたことをカタチにしたいと考えている、クリエイティブ志向の人にはうってつけの会社だと思います。ぜひ、私たちの仲間になってくれることを期待しています。