辻内 高志
辻内 高志
Takashi Tsujiuchi
技術本部 電気計装部
部長代理
上西 達也
上西 達也
Tatsuya Uenishi
技術本部 電気計装部
課長
坂 優司
坂 優司
Yuji Saka
営業本部 本社営業部
係長
落谷 直輝
落谷 直輝
Naoki Ochitani
営業本部 本社営業部
2020年入社
土井 健督
土井 健督
Kento Doi
技術本部 電気計装部
2020年入社
私がこの会社を選んだ理由は…
  • 辻内:
  • 今日の主役は、入社1年目の土井くんと落谷くんかな。そもそも、2人はどうしてこの会社を選んだの?
  • 土井:
  • 落谷くんも私も、インターンシップに参加したことがきっかけです。
    私は高専で電気情報を学んでいたので、その知識を活かせるかなと思いました。もともと食に対して興味もありましたし。
    インターンシップで感じたのは、社内の雰囲気の良さです。みんな明るい顔をしているなと思いました。
私がこの会社を選んだ理由は…
  • 落谷:
  • 私はこの会社を知った時、フリーザーというものに興味を持ったんです。どういう機械なんだろう、見てみたいなと。あと、当時は九州にいたので、大阪にタダで行けるのも魅力的でした(笑)。
    実際のインターンシップでは、私も社内の和気あいあいとした雰囲気が印象的でした。冷熱技術にもますます興味がわいて、ここに入りたいなと思いました。
  • 辻内:
  • なるほど、インターンシップね。坂くんはどうですか。坂くんは中途入社だから、前職とは違う魅力を感じたということ?
  • 坂 :
  • そうですね、この会社を選んだ理由は3つあります。
    1つ目は、前の会社は自動車関係だったんですけど、正直あまり自動車に興味がなかったので面白さがわからなくて…。次は自分が興味のある分野に行こうと思いました。食べることが大好きなので。
    2つ目は、実家が青森でして、この会社は青森にも営業所があることを知ったからです。
    そして3つ目は、ぶっちゃけ給料が高い!
  • 辻内:
  • みんな正直でいいなぁ(笑)。
  • 私がこの会社を選んだ理由は…
    能動的な研修は今も継続中!
    能動的な研修は今も継続中!
    能動的な研修は今も継続中!
    • 上西:
    • うちの会社の新人研修は、入社後3カ月の全体研修のあと、部署ごとに業務と並行して進める1年間の専門研修がありますよね。専門研修は私も内容を考えたり指導したりしているからわかるけど、全体研修はどんな感じだったの?
    • 土井:
    • 外部の講師の方が指導してくださるビジネスマナー研修がありましたね。それから産学共同研究を行っている高専に行って研修をさせてもらいました。パソコンと接続してマイコンを動かしたり、技術職に必要な英語を学んだり。
  • 落谷:
  • 研修では社内の方に教わると思っていたんですけど、外部の講師の方にご指導いただくとか、外に出て教わるというのは意外でしたね。
  • 土井:
  • ただ話を聞くだけではなくて、発言する、コミュニケーションすることを大事にした研修なんだな、という印象です。
  • 上西:
  • あぁ、それは専門研修にも通じていますね。受け身ではなく、実際に自分の手を動かして制御盤の配線をしたり、ソフトを作ってもらったり。できるだけ実践したほうが成長が早いし、達成感もあるから。
    まだ専門研修は続いているけど、最後には集大成として小さな現場を担当してもらい、機器の試運転を行って、成果発表会まで開きます。大丈夫そう?
  • 落谷:
  • 成果が残せるのは、自分の成長を実感できるので楽しみです。発表まで行うのは不安もありますけど、頑張ります!
  • 資格取得はスキルの証明になる
    • 辻内:
    • 資格取得は今、第二種電気工事士を目指してるんだっけ。
    • 落谷:
    • そうです。毎日、時間を割いて上西課長から指導していただいてます。
    • 上西:
    • 電気工事士は早めに取っておいたほうがいいからね。その次を目指すなら、エネルギー管理士、電気主任技術者かな。
      資格は取っておくだけでスキルが証明されるし、お客様にとっての安心材料にもなる。業務しながらの勉強は大変だけど、チャレンジしてほしいと思います。会社としても応援しているから。
    • 土井:
    • 今、第一種冷凍機械責任者試験の結果待ちなんですが、この時も外部の講師の方を招いて講習していただいたのがありがたかったです。
    • 辻内:
    • 第一種冷凍機械責任者は業界で必須だから、会社が全面的に取得をバックアップしてるんだよね。他にもキャリアのステージに応じていろんな資格取得を推奨しているから、どんどん受けるといい。
    • 上西:
    • 実務経験を5年積めば、施工管理技士も取得できます。知識だけじゃなく実務経験も必要な資格はなかなか取れないから、業務上の効力も大きい。次はこれを取ろう、と目標にすることでキャリアアップの糸口にもなると思います。
      それに、持っている資格の数だけ手当ても付くから励みになるよね。
    幅広い業務に関われる醍醐味
  • 落谷:
  • 自分たちはこの会社しか知らないし、まだ1年目なので深いところまではわからないんですけど。他の会社にも勤めたからこそわかる、この会社の良さってありますか?
    • 上西:
    • ありますよ! 私は一度この会社を出て、また戻ってきたレアケースだから(笑)。
      私は20年前、新卒でこの会社に入社して5年勤めて、そこから別の会社に移って15年ぐらい勤めていました。
      そこは大手で、それだけスケールの大きな仕事ができるだろうと思って行ったんだけど。実際は業務内容が細分化されていて、できることが限られていた。ちょっと自分自身を会社の歯車みたいに感じてしまうところがあってね。
      それでだんだんとフードテクノエンジニアリングは良かったな〜、と(笑)。新卒で入った時は大変に感じたけれど、計画から引き渡しまで、一貫して関われる醍醐味があったことに気づいたんです。
    幅広い業務に関われる醍醐味
    幅広い業務に関われる醍醐味
  • 坂 :
  • 自分も同じようなことを感じましたね。この会社はやりたいことを、やりたいようにできる。前職は、自分の裁量でできることが少なかったので。
  • 上西:
  • そうでしょう。だから戻ってきたんです。社長も懐の大きな方で、温かく迎えてくださって。
    でも、戻ってびっくりしたのは、この会社の急成長ぶり。私が新卒で入社した時は社員数30人いるかいないかだったのに、今はグループで200人を超えているし、また新たに新社屋まで! それだけ勢いのある会社なんですね。
  • 2年目からの抱負とアドバイス
    2年目からの抱負とアドバイス
    2年目からの抱負とアドバイス
    • 辻内:
    • じゃあ最後に、1年目の2人から、2年目以降の抱負をお願いします。
    • 土井:
    • まだ学ぶことばかりなので、今後も絶対にわからないことが出てくると思います。それを絶対に、わからないままで終わらせない。そして、あと半年もすれば自分も先輩になるので、後輩に頼られるような先輩になりたいです。
    • 落谷:
    • 今までは無意識のうちにでも、自分の中に新入社員としての甘えがあったんじゃないかなと。これからは一社員として、甘えを捨てて成長していきたいと思います。
  • 上西:
  • 研修や日々の業務を通じて、小さな成功体験、達成感を積み重ねる。そして次はもう少し大きなことに挑戦していく。このスモールステップが、結局は成長への近道なんじゃないかな。
  • 辻内:
  • 『才能の差は小さいけれど、努力の差は大きい。継続することはもっと大きい』。私自身も含め、この言葉を胸に刻んで業務に取り組んでいきましょう。若い力に期待しています!
  • フードテクノエンジニアリング社員
    フードテクノエンジニアリング社員